中2英語 文法 比較の最上級 part1

LINEで送る

スポンサードリンク


最上級とは?

さてここでは比較シリーズの3種類目にあたる「最上級」を説明していきます。これまでの「原級」「比較級」、そしてこの「最上級」で一通りがそろうことになります。

 

ここまでに「原級(as 〜 as …)」「比較級(〜er than …)」と勉強してきましたが、比較のシリーズの3つ目は「最上級」というものになります。

 

最上級というのはその名の通り「最も上」、つまり「一番」ということを伝える内容です。「一番」ということを伝える文というのは日本語でも色々考えられますね。

 

「私はクラスで一番足が速い」
「彼は学校で一番頭がいい」
「お母さんは家で一番早く起きる」
「おばあちゃんは日本一(日本で一番)長生きだ」

 

など挙げていくといくつもでてきます。このような内容を英語で言うにはどうしたら良いのかを次にその説明をしていきましょう。

最上級の形と訳し方

まずは英語でいう時の形ですが、次のようになります。

 

<最上級>
形  :the 〜est of …(後ろに複数をあらわす言葉)
           in …(後ろに場所や範囲をあらわす言葉)
意味:(…の中で一番〜

 

最上級を表したいときにはこのような形を使います。では次の例文を見てください。

 

例)
「I am the oldest of the three.」
(私は3人の中で一番年上です)

 

このようになります。

最上級のestのつけ方

 

比較級の時に「er」のつけ方というのを説明しましたが覚えていますか?最上級では「est」をつけることになりますが、この「est」のつけ方は「er」のときと同じです。

 

なので覚えている人は「それと一緒だから」で終わりですが、覚えていない人もいるでしょうから、ここでestのつけ方を説明します。

<estのつけ方>
1. ふつうにestをつける。
  tall → tallest

 

2. eで終わるときはstだけをつける。
  large → largest

 

3. 「短母音+子音字」の時は子音字を重ねてestをつける。
  big → biggest

 

4. 「子音字+y」の時はyをiに変えてestをつける。
  early → earliest

 

 

この4つのルールです。まぁ4つといっても最初のルールはestをつけるというだけですから実際は3つ覚えるだけですよね。

 

しかもこのルールはerをつけるときと同じ考え方ですから。では次に例文を見ながら説明していきます。

最上級の否定文と疑問文、答え方

例1)
「Ken is the tallest in his family.」
(ケンは家族で一番背が高いです)

 

「the tallest」というのが「一番背が高い」という意味になっています。

 

また「in his family」となっていますが、「彼の家族の中で」という意味にしたいときには「家族」という“範囲”の中でとなるので「in」を使います。他にも

 

「in the class」 → (クラスの中で)
「in Japan」    → (日本で)

 

のような言い方がよくあります。

 

例2)
「Kumi can run the fastest of the four.」
(クミは4人の中で一番速く走れます)

 

この文では「of the four」となっています。「4人の中で」という意味で使っているので“後ろに複数形”が来ているので「of」を使っています。この他にも

 

「of all」     → (すべての中で)
「of us all」   → (私たちみんなの中で)
「of them all」  → (彼らみんなの中で)

 

のような言い方がよく使われます。

 

否定文や疑問文の作り方はふつうと同じ間gなえ方でできるのですが、最後に例1の否定文と疑問文、答えの文を書いておきますので参考にしてください。

 

例1)
肯定文:「Ken is the tallest in his family.」
     (ケンは家族の中で一番背が高い)

 

否定文:「Ken isn't the tallest in his family.」
     (ケンは家族の中で一番背が高くはありません)

 

疑問文:「Is Ken the tallest in his family?」
     (ケンは家族の中で一番背が高いですか)

 

答え方:「Yes, he is. / No, he isn't.」
     (はい高いです / いいえ高くありません)

 

比較の最上級(基本)のまとめ

<最上級>
形  :the 〜est of …(後ろに複数をあらわす言葉)
           in …(後ろに場所や範囲をあらわす言葉)
意味:(…の中で一番〜

 

<estのつけ方>
1. ふつうにestをつける。
  tall → tallest

 

2. eで終わるときはstだけをつける。
  large → largest

 

3. 「短母音+子音字」の時は子音字を重ねてestをつける。
  big → biggest

 

4. 「子音字+y」の時はyをiに変えてestをつける。
  early → earliest

 

例)
「I am the oldest of the three.」
(私は3人の中で一番年上です))

スポンサードリンク



LINEで送る
ページの先頭に戻る