中2英語 文法 There is(are)を使えない場合

LINEで送る

スポンサードリンク


There is(are)を使えない場合

There is(are)の基本でThere is(are)〜の説明をしました。「〜がある、いる」という意味の時にはこの「There is(are)」を使えばいいのですよ。と解説をしてきましたね。しかし、実は必ずしもそうではなく、使ってはいけないときがあります。

 

ここではその説明をしていきます。

 

「There is(are)〜」の文には次のような言い方がありました。

 

There is a book on the desk.
(机の上に本があります

 

There are two cats under the bed.
(ベッドの下に2匹のネコがいます

 

このような文が作れましたね。
これらは正しい言い方です。しかし次のような言い方はできません。

 

×There is my bike in the house.
 (その家の中に私の自転車があります)

 

×There are the students in the library.
 (それらの生徒達は図書館にいます)

 

上のような言い方は間違えています。
何がいけないと思いますか?

 

正解は次のようなルールを知れば分かります。

There is(are)はこんな時は使ってはいけない

<There is(are) を使えない場合>

 

名詞が「the」「所有格」で限定される時にはThere is(are)の言い方は使えない。

 

このようなルールがあるのです。
上で×になっている例文を見て下さい。

 

×There is my bike in the house.
 (その家の中に私の自転車があります)

 

この例文では「自転車がある」といいたいのですが、その自転車という名詞の前に「my」という所有格がついています

 

所有格というのは「〜の」という意味になる代名詞で、

 

「my」  → 「私の」
「your」 → 「あなたの」
「his」  → 「彼の」
「her」  → 「彼女の」
「its」  → 「それの」
「our」  → 「私たちの」
「their」 → 「彼らの、彼女らの、それらの」
「Ken's」 → 「ケンの」

 

がありました。これらの「〜の」という意味になる語を所有格と言いましたね。

 

この「所有格」が名詞の前につくときは「There is(are)」は使えないということです。

 

また、次の例文もみてください。

 

×There are the students in the library.
 (それらの生徒達は図書館にいます)

 

この例文では「生徒たちがいます」と言いたいのですが、生徒たちという単語(students)の前に所有格はついていません。

 

その代わりに「the」がついています。今度はこの「the」がポイントになってきます。ここでは名詞の前に「the」がついているために「There is(are)」が使えません。

 

このように名詞の前に「theや所有格がつくときにはthere is(are)の言い方は使えない」ということを覚えておいて下さい。

There is(are)を使わない「〜がある、いる」の言い方

上で挙げたように「theや所有格がつくとき」には「there is(are)の言い方」は使えないということは分かったと思いますが、ではその場合はどんな言い方をしたらいいのか?と思いますよね。

 

次にそのお話をしていきます。

 

上のような場合には次のように言うことになります。

 

×There is my bike in the house.
My bike is in the house.
 (その家の中に私の自転車があります

 

×There are the students in the library.
The students are in the library.
 (それらの生徒達は図書館にいます

 

このように言います。つまり、

 

「the や 所有格を使う時にはそれらがついた名詞を主語にして文をつくる

 

ということになります。結局はこれが結論です。

There is(are)を使わない場合のまとめ

<There is(are) を使えない場合>

 

名詞が「the」や「所有格」で限定される時にはThere is(are)の言い方は使えない

 

    ↓ ではどのように文を作るのか?

 

「the や 所有格がついている時にはそれらの名詞を主語にして文をつくる

 

例)
×There is my bike in the house.
My bike is in the house.
 (その家の中に私の自転車があります

 

×There are the students in the library.
The students are in the library.
 (それらの生徒達は図書館にいます

 

このように今回の内容はまとめることができます。

 

the や 所有格がつくときはThere is(are)の言い方は使えない、言いかえれば“名詞が限定されているとき”はThere is(are)の言い方はできないということです。

スポンサードリンク



LINEで送る
ページの先頭に戻る