中2英語 練習問題 be going toの文 part1

LINEで送る

スポンサードリンク


練習問題 未来の文 be going to part1

次の文をカッコ内の語を加えて未来の文に書きかえなさい。

 

(1) I visit Yokosuka.(tomorrow)
(2) Do you study English?(tonight)
(3) Hiroshi doesn't go out.(next Sunday)

解答・解説(1)

さて、それでは今回の内容を確認していきましょう。

 

ところで、過去形には過去を表す言葉というのがありましたね。
例えば、

 

 

「昨日」 → 「yesterday」

 

「昨年」 → 「last year」

 

「昨夜」 → 「last night」

 

 

など。未来形にも“未来を表す言葉”というものがあります。
まずはその確認をしておきましょう。

 

 

「明日」 → 「tomorrow」(トゥモーロー)

 

「今夜」 → 「tonight」(トゥナイトゥ)

 

「次の〜」 → 「next 〜」(ネクストゥ)

 

「来週」 → 「next week」

 

「来月」 → 「next month」

 

「来年」 → 「next year」

 

「次の月曜日」 → 「next Monday」

 

 

大体これらの単語を覚えておけばよいでしょう。「次の」という内容の語には「next」とつければOKです。それでは問題を解いていきましょう。

 

 

次の文をカッコ内の語を加えて未来の文に書きかえなさい。

 

(1) I visit Yokosuka. (tomorrow)

 

 

はい、これは肯定文ですね。
上で確認したように主語の後ろに「be going to」を入れていきますが、このときにbe動詞は主語によって形を変えていきます。

 

 

ここでは主語が「I」なので「am」に変えます。

 

  → I am

 

 

その後ろは続けて「going to」を入れてあげるだけで、その後ろに問題文で使われている動詞、ここでは「visit」を入れます。

 

  → I am going to

 

 

be going toの後ろには動詞を原形にして入れるのですが、ここでは最初から原形になっているのでそのまま入れるだけですね。

 

  → I am going to visit

 

 

あとは残りの文を続けて、カッコの語を書いたら完成です。

 

  → I am going to visit Yokosuka tomorrow.

 

    (私は明日横須賀を訪問するつもりです)

 

 

正解)
「I am going to visit Yokosuka tomorrow.」
 (私は明日横須賀を訪問するつもりです)

解答・解説(2)

(2) Do you study English? (tonight)

 

 

今度の問題は疑問文です。
ここで確認してもらいたいのが、疑問文なので文の最初に「Do」がついていることです。

 

 

一般動詞で主語がYouの文ですから当然ですよね。

 

 

ですが、この文を「be going to」を使って書きかえるということは「be動詞」を使った文に変えていくということですから問題文の「Do」は使わなくなります。

 

 

 

いいですか?

 

 

『問題文の「Do」は使わなくなります』

 

 

 

ここが大切です。では具体的にはどうなるかというとこの「Do」をbe動詞に変えて、主語の後ろに「going to」が入り、さらに「動詞
の原形」が続くとなるのです。ではもう一度考えながら一つひとつ解き進めていきましょう。

 

 

 

1.問題文の「Do」をbe動詞に変える。

 

  → Are you

 

 

 

2.主語の後ろに「going to」+「動詞の原形」を続ける。

 

  → Are you going to study

 

 

 

3.さらに残りを続けて、最後にカッコの語を入れて完成。

 

  → Are you going to study English tonight?
   (あなたは今夜英語を勉強するつもりですか)

 

 

 

ポイントは一般動詞の疑問文で使っていた「Do」をとってそれをbe動詞に変えるということです。

 

 

正解)
「Are you going to study English tonight?」
(あなたは今夜英語を勉強するつもりですか)

解答・解説(3)

(3) Hiroshi doesn't go out. (next Sunday)

 

 

最後の問題です。
上の疑問文が理解できればこの問題は簡単です。

 

 

確認をしますが、ここでも問題文が一般動詞の否定文になっていてしかも主語がHiroshiなので「doesn't」を使っています。

 

 

しかし「be going to」の文に書きかえる時にはこれは使わなくなります。
なぜなら一般動詞ではなく「be動詞」を入れるからです。
では手順に添って解いていきましょう。

 

 

 

1.問題文の「doesn't」を「isn't」に変える。

 

  → Hiroshi isnt't

 

 

2.その後ろに「going to」+「動詞の原形」を続ける。

 

  → Hiroshi isn't going to go

 

 

3.さらに残りを続けて、最後にカッコの語を入れて完成。

 

  → Hiroshi isn't going to go out next Sunday.
   (ヒロシは次の日曜日に外出をしないつもりです)

 

 

 

ポイントはここでも疑問文と同じように「doesn't」は使わなくなって代わりにbe動詞を入れるということです。

 

 

正解)
「Hiroshi isn't going to go out next Sunday.」
(ヒロシは次の日曜日に外出をしないつもりです)

スポンサードリンク



LINEで送る
ページの先頭に戻る