中2英語 文法 過去進行形

LINEで送る

スポンサードリンク


中2英語の文法 過去進行形

ここではbe動詞の過去形を使って作る過去進行形の説明をしていきます。

 

 

<過去進行形>

 

 

形   :be動詞の過去形 + 〜ing
訳し方:〜していました(〜しているところでした)

 

 

例)
普通の過去形   → He listened to music.
             (彼は音楽を聞きました

 

過去進行形の文 → He was listening to music.
             (彼は音楽を聞いていました

 

 

ここに2つの例文があります。
上の例文はこれまでにならった「普通の過去形の文」です。
それに対して下の例文は今回の「過去進行形の文」になります。

 

 

違いは分かりますね?

 

 

「過去進行形の文」ではbe動詞の過去形が入って、その後ろには一般動詞にingをつけた形が続いています。
これは中1のときに習った「現在進行形」の“過去形バージョン”です。

 

 

現在進行形と過去進行形ではどこが違うかというと、使うbe動詞が「現在形」か「過去形」かというところだけです。ですから難しくはないですね。

 

 

一応この違いも例文で確認しておきましょう。

 

 

<現在進行形と過去進行形>

 

現在進行形 → I am playing soccer now.
          (私は今サッカーをしています

 

    ※これは今サッカーをしている真っ最中ということ。

 

 

過去進行形 → I was playing soccer then.
          (私はその時サッカーをしていました

 

   ※これは今ではなくその時という過去のときにしていたことを表している。

 

 

分かりますか?
まぁ簡単にいえば、

 

 

使うbe動詞が違うだけです。

 

 

現在形のbe動詞 → 現在進行形(今していることを伝えている文)

 

過去形のbe動詞 → 過去進行形(過去にしていたことを伝えている文)

 

 

ということです。
ここで説明した

 

 

「現在進行形」と「過去進行形」の違い

 

「過去形」と「過去進行形」の違い

 

 

はきちんと違いが分かるようにしておきましょうね。

 

 

スポンサードリンク



LINEで送る
ページの先頭に戻る